2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

暑い8月がおわりますね~

やっと暑い8月が、今日で終わりますwobbly。 暑さとの我慢比べだった8月でした。

今年は、初めての大阪の夏。 覚悟はしていましたが、やはり暑いsun 

もちのろん、一日中冷房をつけっぱなしの毎日。

走るのも、日が暮れた夕方以降に外へ出るのですが、それでも、日中温められたアスファルトの熱が、夜になっても冷める事はなかったですsweat01

でも、なんとかこの8月を乗り越えましたconfident。 

あんなにうるさかった蝉の鳴き声も最近は聞こえなくなって、夜は鈴虫の鳴き声が聞こえる様になりました。

まだ1か月は残暑が厳しいといっていますが、少しは暑さがマシになるかなconfident

明日から9月。 

季節が変わり目、夏バデやぎっくり腰などが出てくる事もありますので、体調管理に気を付けましょうねshine

ブログを書かないとと思いつつ、全く書いてなかったですね・・・見てくれて方、ゴメンナサイsad

大阪人に来て、5か月が経ちました。 

今日は大阪城公園~なんば辺りまで、街中を一人車で行ってみましたrvcar

最初は家に閉じこもっていたけど、少しづつ慣れないと!っと、相棒の『熊本ナンバー』の自分車でどこそこ知らない所へ行ってます。   やはり他県ナンバーは、あおられますよぉ~coldsweats01carsweat01

少しづつ大阪での日常も書いて行きますねhappy01

2016年8月20日 (土)

日本競歩界・初のオリンピックメダル獲得!

昨晩は、興奮して眠れませんでした!

リオオリンピック・男子50kmM競歩・荒井選手 銅メダル、おめでとうございます~happy01

いや~、ハラハラドキドキの見れられないレース展開で、興奮しました。

レースを妨害した

っと一時失格になりましたが、再審の結果、失格がくつがえり、メダル獲得という事で、その審議の間の選手やコーチ達は、心揺れ動いて長い時間だった事とだったでしょう。

元・競歩選手のtossi-も、あうゆう場面に遭遇する事、練習でもレースでも多々ありましたよflair

後ろから前の選手を追いかける時、前の相手に引力なのかな~~~、体が引き寄せられて、体が傾いたり、肘や肩が相手の選手に触れたりします。 

肘は、短い距離のトラック種目(5000mWや10000mW)では、当って当たり前です。

走りとは違って、脚のストライドの長さから、選手同士の距離感が近いから。

今回荒井君のリオオリンピック、最後の1㎞地点なんて、脚も体も思うように動かない、気力で歩いている時は、そうなって仕方がないです。 本人もインタビューで言っていましたが、本人同士は解っていて、上の人達が納得できなかったのだろう。。。と。

競歩選手だったら必ず経験した事あると思います。

ちゃんと再審されて、正しい判断がされて、本当に良かったfuji 

競歩は、私が競歩が始めた頃・・・1994年から、ずっとオリンピックでメダルが取れるっと言われ続けた種目でした。 

今回競歩ブロック・コーチで、給水をしていた小坂忠広さん・今村文男さんという、日本競歩・50kmのレジェンドの方々が、ずっとずっと日本の50㎞Wを牽引してくれて、昨年の世界選手権で谷井君が初のメダル獲得sign01 そして荒井君がオリンピックで初めてのメダル獲得sign03 

見事メダルを獲得できて、念願でしたので、皆が嬉しいですね。

これに刺激を受けて、男子20㎞競歩もメダルを取れる種目になる事と思います。

男子がメダルを取れるのなら、女子も。

競歩は、世界で戦える種目ですsign01 本当におめでとうございますhappy01

2016年8月 7日 (日)

大阪・プチ金剛山ダイアモンドトレール

2016年 8月6日(日)

大阪支部の練習は、『暑い大阪市内から離れて山へ走りに行こう~』の計画で、

大阪~奈良の県境の山脈を走る、金剛山ダイヤモンドトレールへ行く事にしました。

近鉄の最寄りの駅まで車で行って、駐車場に止めて、屯鶴峰のトレール入口まで歩きます。

Cimg0621

奈良・吉野方面へ行く近鉄電車を見ながら4㎞位歩いて、Cimg0623

屯鶴峰のトレール入口から、金剛山手前の葛城山まで往復約20kmが今回のコース。Cimg0624

Cimg0626Cimg0628“都会から近くて、山は涼しいだろう~!”って考えていたら、 あら~暑いsun! ロードウォークと、山での階段と予想外の暑さに、だんだん体力を奪われ、道に迷ったり、アブに襲われたり、往路だけで時間と体力と持参した水を消耗してしまいました。。。

岩橋山の所でお昼になったのでtossi-持参のおにぎりを食べて休憩したのですが、Cimg0629あまりにも体力を奪われて、帰り道が不安になったので、ここで急きょ折り返して帰る事にしましたflag 

Cimg0630Cimg0631帰り道も、上り下りがあるコースだから、体力を消耗します。

帰り坂は、tossi-が引っ張ったので終始走りっぱなりで、なお2人の体力が消耗してしまって、とうとう命の水がなくなりかけてきましたwobblysweat01

こんな山の中では自動販売機はないし・・・

とりあえず、売店がある二上山まで戻ろうsign03 っと、頑張って戻って来たはいいものの、あれ!?売店がないsweat01  

近くをトレッキングされている方に聞いたら、もう売店はないとの事。。。

水がない危機的状況だった平山君は、トレッキングのお姉さんからお茶を分けて貰って、なんとかしのぎ。

Cimg0632 雲行きが怪しくなってきて、遠くでゴロゴロ言っているので、とりあえずゆっくりでいいから帰ろう。っと残り山道1時間+ロード30分、もつかな~っと心の中で心配しながらゆっくり歩きます。

曲がり角、前を歩いているトレッキングのおじいさんが、『こっちの道なら湧水あるよ』と教えてくれましたup

Cimg0633おじさんの言う通り、大阪の山の中に、とっても冷たい美味しい湧水が湧いていて、私達3人は、命拾いをしましたbearing

ハイドレーションに水をパンパンに入れ、湧水の場所を教えてくれたおじさんは、その後、私達に神様とあがめられて、後を追ったのですが再会できず、お礼も言えませんでした。 

やっぱり神様だったのかなcatface

神様の教えてくれた道は、行きに来た道と違って、帰り道もまた地図を見ながら迷いましたが、なんとか別ルートで、近鉄線上に戻って来れましたconfident ふ~dash

夕立で雨は降るし、雷はなるし、1人だったら怖くて前に進めなかったな~。。。3人で良かった。

帰りは車の置いてある駅まで1駅電車でGoでした。Cimg0634Cimg0635汗臭い3人は、座席から離れた所に立ち乗りですbleah

山に入って約5時間半、 tossi-の旦那さんいわく『ズッコケ3人組』な私達ですcoldsweats01

山はなめちゃいかんsign01 生きて帰って来れて良かった~catface

アドベンチャーな日でした。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »