2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

« 17期 swift&エンジョイ&フルマラソン対策3期コース お疲れ様でした~⑤ | トップページ | 熊本城マラソンまであと14日前<練習編> »

2012年2月 5日 (日)

人が倒れたら・・・一次救急処置

ご了承を頂いたので、ブログにUPしますねconfident

先月20日と22日の立て続けに、tossi-が担当しているランニング教室で、

ランニング練習中に、お客様が心室細動で意識不明と、心肺停止状態になりました。

私達、インストラクターの最善のCPR(胸骨圧迫・気道確保)処置と、すぐのAED 除細動機の電気ショックのお陰で、

倒れた方々、大事に至らず、大きな後遺症も残らず、元気に社会復帰されている状態です。

お一人は持病をお持ちでのスポーツ実施。もう一人は、何も持病をお持ちでない若い方で、走力もありました。

ただ、二人とも共通してた事が、

●睡眠不足だった。

●極度の肉体的疲労や精神的疲労といった、心臓に負担をかけるストレスをお持ちで練習を実施していた。

という事です。

「そんな事で?」 っと思うかもしれませんが、心臓疾患での突然死は、誰にでも起こります。

いつ隣の人が倒れてもおかしくないんです。

そこで、皆さまにもBLS(一次救急処置)の流れを覚えて頂き、

CPR(心肺蘇生法=胸骨圧迫(心臓マッサージ)と人工呼吸)と、

AEDによる除細動機の使い方を、是非覚えて下さいflair

今日は、熊本日赤病院 健康管理センター より、指導員の鶴田先生・宮本先生にお越し頂き、胸骨圧迫とAEDの使い方について、勉強しましたclip

Cimg4707

倒れた人を見つけたら、すぐに駆け寄り声をかけ、意識の確認をします。

意識がない場合、119番通報と、AEDを持ってきて貰うよう、特定の人に指示をし、すぐに胸骨圧迫をスタートします。 

Cimg4708 胸骨圧迫の場所は、胸の間をすぐに押します。 肘が曲がらないよう、垂直に押します。 Cimg4709

Cimg4711 着衣の上からで結構ですよ。

AEDが届いたら、胸骨圧迫をしながら、AEDのバックを開けて、音声ガイドの指示にそって、対処していきます。 Cimg4713

Cimg4716

Cimg4719

≪BLSに関して、このブログでは大まかにしか書いていません。 ご自身で、もう一度知識の再確認をお願い致しますconfident。 昔に比べて、内容が変わっていますよflair

「私は怖くて出来ない。」そんな声も沢山聞きました。 

ボーっとしてたら、その人は死んでしまうか、大きな障害を背負って生きていかなくてはいけません。

精一杯助けましょうrock。その勇気が必要ですsign01

どうぞ宜しくお願い致しますconfident

お城マラソン本番前に、ランニング教室で、このような大きな講習会が開けて、本当に良かったconfident

私自身、人の生死を目の前にしたのは初めてで、正直怖くて手が震えました。

でもお二人とも、元気になれてお二人の回復に、今私が支えられています。

この講習会開催に当たり、相談に乗ってくれた、浜武姉さん、熊本市消防局の救命士の方、塁君、まつだん、クメさん、お時間を調整して、講習会を実現してくれた、熊本日赤病院健康管理センターの宮本先生と鶴田先生、本当にありがとうございましたconfident

感謝感謝ですweep

なお、熊本済生会病院 4階エレベータ前のラウンジでは、金曜の14時から、無料体験・予約なしで、BLSの勉強会を開催しているそうですflair

ご興味がある方は、是非一度勉強会に参加されてみて下さいねwink

今日はた~くさんの方に、参加して頂き、誠にありがとうございましたscissors

これで、もう人を助ける事が出来ますねぇwink

« 17期 swift&エンジョイ&フルマラソン対策3期コース お疲れ様でした~⑤ | トップページ | 熊本城マラソンまであと14日前<練習編> »

コメント

まずは、大阪国際お疲れ様でした。タイムも自己ベストで、今年はサブ3もいけるんじゃないですかhappy01

そして、BLS講習開催お疲れ様でしたpaperさすがの行動力です!
最近はマラソンブームで初心者ランナーの方も多いので、BLSができる人が一人でも多い方がいいですよね。
いつ自分がBLSを受ける側に回るかもわかりませんしね・・・coldsweats02

前もいいましたが、tossi-先生の経験されたことは非常に稀で、社会復帰された結果の有無に関わらず、その行動は大変素晴らしいことだと思いますgood
今後もこの経験を、ランナーだけでなく多くの人に伝えていってほしいと思いますsmile
僕でできることがあれば、いつでも応援させていただきますよsmile

長文失礼しましたsweat02

先月20日、コース試走(20キロラン)を終えてアクアドームに戻ってきたところ、救急車があわただしく出て行きました。hospitalスケート練習中の子どもがこけたのだろうと思いきや、ランニング教室の方の心肺停止だったんですね。heart
人工呼吸は以前から普及していましたが、心臓マッサージは日赤でも禁止されていた時代がありました。40年ほど前になりますが、横浜の社会教育団体で仕事をしていた頃、CPRの必要性を研究・指導されていた先生から教え込まれたことを思い出しました。時代と共に考え方ややり方が変わっていきますが、熊本でもこの数年、AEDが普及したことは心強いですね。scissors
今回のtossi-の「災いを転じて福となす」講習を受けた私としては、途中で遭遇したときは迷わず救急対応できるよう心の準備をして走ります。もし、私が倒れたときは、みなさん、よろしくおねがいしますよ。snail

とても貴重な講義の開催ありがとうございました。

先月マラソンの練習中にAEDを使用しなければならいという事態が起こっていた事実は聞いていました。
(/□≦、)

第1回の熊本城マラソン、初マラソンの方が半数以上と聞き、当日は何が起こるか正直分かりません。
医療スタッフも各ポイントに配置されていますが、実際の現場ではどこのタイミングで非常事態が起こるか分かりませんよね。医療スタッフのみならず参加するランナーや沿道の声援を送る方もいざという時に対応できるようになることも大切だと痛感ています。

このような講義を企画されたこと大変感謝します。

kume兄さん
ありがとうございますhappy01
21日、兄さんと話していて本当に良かった。。。
日常的にそんな現場を見たことない人が、すぐに動けって言っても難しいと思います。
私自身貴重な体験をしたし、そんな現場で働いている人の声を生で聞けて、これからも皆さんに伝えて行きたいと思いますsign01
これからもアドバイス宜しくお願いしますwink

でんでんさん
「災い転じて福となす」講義、起こって欲しくないけど実際の現場で役に立てれば本当に嬉しいですheart04
いつもハードトレーニングをさせるtossi-が倒れた時も、見逃さず助けて下さいね(笑)

S加さん
UPしました~smile
医療従事者の方に、そう言って頂けて、やって良かったshineって思います。

皆さん、すごく真剣に受けて下さって、本当に良かったshineし、必要性をすごく感じましたflair

私はトレーニングを受けていたから、すぐに動けたっと思いますが、トレーニングの人形と違って、全然状態が違って最初はすごく戸惑いましたwobbly
だから、事故後、医療関係の人と話して、色んな症例がある事を知ったし、もっと勉強しないと!!って、改めて痛感したんですsign01

今、私の立場で出来る情報発信を、少しづつでもやっていきたいと思いますwink
だって、大事なラン仲間が倒れるのは、もうイヤです~shock

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1148194/43989121

この記事へのトラックバック一覧です: 人が倒れたら・・・一次救急処置:

« 17期 swift&エンジョイ&フルマラソン対策3期コース お疲れ様でした~⑤ | トップページ | 熊本城マラソンまであと14日前<練習編> »